インサイドセールスプラットフォーム「SALES BASE」

確度の高いアポイントが自動で届く
成果コミット型 インサイドセールス
お問い合わせ
入事例
インサイドセールスプラットフォーム「SALES BASE」 > インサイドセールス事例 > 導入事例:営業効率化

【営業を効率化したい】

他社比2倍の商談取得率達成、新規開拓の強力パートナー

富士ソフト株式会社 営業本部
副本部長 三田 修 様(取材当時)

商談に営業力を集中し、リードや商談獲得を任せたところ、新規顧客の商談取得率が他社利用時の2倍に
アップした。導入事業部が広がり、連携による相互効果も出てきた

業種:情報通信・IT関連 事業部営業人数:5名 予算:非公開

課題
  • リードや商談獲得は営業業務と切り離し、商談に営業力を集中させたい
  • 展示会、セミナーなどの顧客情報も営業成果につながりづらい
  • テレマ業者、営業派遣を利用するも顕著な効果がでない
効果
  • 新規顧客の商談取得率が、他社利用時の2倍にアップ
  • 詳細なフィードバックで成果を伸ばすPDCAが回せる
  • 導入の横展開で事業部ごとの連携や相互効果も出てきた

なぜ、WEICを選んだのか?

売上の目標達成のために既存顧客の案件掘り出しだけでは難しいのが現実だ。そこで新規顧客を開拓するべく、営業が直接電話をかけて
アポイントを取るということからスタートした。
しかし、アポイントの取得率はあまり上がらなかった。そこで、その部分は、営業の業務と切り離し、外部に委託するのが最も効率が良いと判断し、WEICを選んだ。

具体的な成果や今後について

他社の場合、基本的に「電話するだけ」で、こなすことが主題になっていた。WEICは、営業成果に必要な活動目標を立て、それを達成するにはどうしればいいか、改善点を常に検討してくれる。
結果的に、既存顧客向けの他社商談取得率が2.2%だったのに対し、WEICは4.51%と2倍もの成果が出た。
また具体的な製品の営業(たとえばマイクロソフト社の製品)の場合には、他社は3%だったのに対し、実に7%の商談取得率を出してもらった。

最初に導入したC&S事業部には、プロモーション部隊もいる。展示会からセミナー、ウェブ集客などを多角的に実施はするものの、これたの活動で獲得すたお客様の名簿を、従来は使い切れていなかった。
WEICと組む中で大いに活用できるようになったと実感している。その後MS(マイクロソフト)事業部でも導入が決まり、エンベデットテクノロジー部でもご協力いただく運びとなった。
事業部ごとにやり方や個性があるので、それをWEICに俯瞰してもらうことで各部署の連携も深まり、さらなる成長が期待できると考えている。

会社概要

社名:富士ソフト株式会社

事業内容:組み込み系ソフトウェア開発、業務系ソフトウェア開発、ネットビジネスソリューション
設立:1970年5月15日
URL:http://www.fsi.co.jp/

営業に役立つ情報を
無料提供中!

  • 営業のプロセスを見直し、成果を最大化 法人営業最新トレンド
  • 新規開拓の成果を最大化 法人営業新規開拓事例集
  • 営業力強化 お悩み相談室
  • インサイドセールス セミナー情報

他の導入事例を見る

400万社を超える独自の法人データベースから
貴社の見込み客数を抽出

資料請求・お問い合わせはお気軽に

簡単シミュレーション メールでのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ