クラウド型営業支援システム「SALES BASE」

日本初 成果報酬型
クラウド型営業支援システム
お問い合わせ
トップコンサルタントが貴社の営業課題を解決!
業力強化 お悩み相談室
クラウド型営業支援システム「SALES BASE」 > 営業力強化 お悩み相談室 > 営業マンを増やさず営業目標を達成する方法
業界
サービス業
営業人数
5人

営業の訪問数や受注件数を上げるには、
営業マンを増やすしか方法はないのでしょうか?

弊社は営業マンの数が5名と少ないこともあり、訪問数、受注件数の目標をなかなか達成できません。
訪問数と受注件数をアップするためには、やはり営業マンを増やすしか方法はないのでしょうか。

WEIC 取締役 森谷 幸平

営業マンを増やさなくても、営業マンの配置を変えるだけで
訪問数を増やすことができます。
結果的に受注件数アップにつながり、目標達成できるでしょう。

営業効率を上げるには、営業マンには受注活動に集中してもらうことがポイントです。
テレアポなどの新規開拓をある営業マンが行い、訪問はまた別の営業マンが行うなど、
うまく分業することで訪問数がアップし、受注率も大幅に改善することができます。

例えば、営業マンが5名いる場合、テレアポ3名と訪問2名に分業します。
できれば訪問はベテランの営業マンに、テレアポは、それ以外の営業マンに担当させることがお勧めです。

結果、テレアポ担当の営業マンはテレアポに、訪問担当の営業マンは受注活動に専念できるため、
時間対効率が上がります。

営業マン3名の企業で実際にこの取組みを行った事例をご紹介すると、
それぞれの営業マンが新規開拓から訪問まですべてを行っていたときは月の商談30件、受注9件でしたが、
2名をテレアポ、1名を訪問に割り振った結果、月に商談60件、受注18件と倍増しました。
営業マンの数は一切増やさず、分業しただけです。

このように少ない人数でも営業マンのスキルに合せて営業活動を分業させることで、より目標達成に近づけるでしょう。

無料
初心者の方必見!
営業・マーケティングに関する
お役立ち資料

インターネットの台頭により、法人営業の売り方・買い方は大きく変化しており、その変化に対応すべく、企業ではマーケティングオートメーションやアカウントベースドマーケティング、インサイドセールスなど様々なツールや手法の導入を検討し始めています。

当社では、初心者の方を対象に、今注目を集めている営業・マーケティング手法に関する解説資料を無料でご提供しています。

是非この機会にご覧ください。

無料提供資料
ダウンロード
  • 営業・マーケティング お役立ち情報
  • インサイドセールス セミナー情報

営業・マーケティングお役立ち情報

営業力強化お悩み相談室

お役立ち情報一覧へ

400万社を超える独自のデータベースから
貴社の有望見込客を100社リストアップ

資料請求・お問い合わせはお気軽に

見込客抽出シミュレーション(無料) メールでのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ